RSS
 

Posts Tagged ‘スマホ’

外出時のバッテリー

07 8月

外出時に長時間充電に耐えられるバッテリーが欲しくなったので、容量18000mAh、出力DC19V(3.5A)/10.5V(2A)、USB 5V(1A) というEnergizer XP18000と、ICONIA TAB A500用に12V/3A変換ケーブルを購入。

それと、変換用のA500用チップをここ からユーザ登録して購入。

サイズは電子辞書くらいで、重量は515g。
複数バッテリーを持ち歩くことや充電することを考えれば、それほど大きさや重量は気にならない。
値段もノートPCのバッテリー以上の容量であることを考えれば安いくらい。

スマホとタブレット/ノートPCの充電を長時間行う機会のある人は、持っておくといいかもしれない。
取り合えずこれで、Galaxy S ⅡとICONIA TAB A500 の持ち出し時でのバッテリー残量の心配はなくなった。


関連記事:

 

Galaxy S II(SC-02C)root化

30 7月

純正カーネルでroot化する方法
参照:http://armalitexyz.jp/archive/2011/06/28/2011062701.php
※保証対象外となるので、実行は自己責任で。

NTT DoCoMo Galaxy S II (SC-02C) Usersここからfactoryfs.img.gzをダウンロード、解凍する。

Heimdallをダウンロードし使えるようにする。
http://www.glassechidna.com.au/products/heimdall/Heimdall 1.2.0 – Command Line (Binary)
上記をダウンロードして解凍。

msvcruntimefilesをダウンロードして解凍し、heimdall.exe があるフォルダ内に中身を配置。
Samsung Kies をインストール(まだインストールしていない場合)

Galaxy S II をDownload Modeで起動(電源を切り、ボリューム下+ホーム+電源 で起動)してUSB接続。

「Drivers」というフォルダがあるのでその中の「zadig.exe」を起動。
「Options」→「List All Devices」にチェックを入れる。
[SAMSUNG Mobile USB CDC Composite Device]を選択して「Install Driver」押下。

Galaxy S II の電源を切り、再度Download Modeで起動。

コマンドプロンプトを起動、Heimdallのディレクトリに移動して

heimdall flash --factoryfs factoryfs.img --verbose

※factoryfs.imgの場所が違う場合はパスを変更

完了すると自動で再起動がかかる。

Androidマーケットからsuperuserをダウンロード、実行してroot化完了。


関連記事: